背中にきびのケア方法

このページでは自分で出来る背中にきびのケア方法を紹介します。

背中にきびのケア写真1・洗い方と洗浄料の選び方
・ローションなど外側からのケア
・食事など内側からのケア

出来てしまった背中にきびを解消するには根気がいりますが、少しずつでも改善していきましょう!

背中にきびのケア1 洗い方と洗浄料の選び方

背中にきびのケア 洗い方と洗浄料の選び方背中にきびを予防・解消するには、皮膚を清潔に保つことが大事です。

まず、お風呂で体を洗う順番ですが、シャンプーやリンス、トリートメントなどの成分が背中の皮膚表面に残ってしまって、背中にきびの原因となることがあります。背中は一番最後に洗いましょう。

また、皮脂の分泌過剰の原因のひとつに、乾燥があります。
洗い過ぎや強い洗浄料により、本来皮膚を守るために必要な分の皮脂までとってしまうと、皮膚を守るために皮脂の不足分を補おうと、かえって皮脂の分泌が活発になってしまいます。

背中にきび用洗浄料市販のボディーシャンプーには、洗浄力が強いものが多いので、 洗浄力のやさしい洗顔用のせっけんやクレンジングミルクなどで洗うと、乾燥が原因の背中にきびが改善することがあります。

また、強い刺激もにきびの原因となります。特にナイロンたわしは、色素沈着の原因にもなるのですぐに止めましょう。よく泡立てた泡で、やさしく手で洗うのがオススメです。

背中にきびのケア2 ローションなど外側からのケア

エレガンテ ドルソ バラ-AC(背中専用薬用ローション) 150ml
エレガンテ ドルソ バラ-AC(背中専用薬用ローション) 150ml 背中にきびの原因はさまざまですので、ローションは自分に合ったものを選びましょう。

皮脂の過剰分泌が原因のにきびなら、背中の皮脂を抑える背中にきび用のローションを使ってもいいですし、殺菌効果や収斂効果のあるローションを使うのもいいでしょう。

乾燥が原因で皮脂分泌が過剰になってしまっている場合には、皮脂をとるためのローションは逆効果になるので、気をつけましょう。
この場合は、普通の保湿用の低刺激のローション(化粧水)で背中も保湿してあげるのが効果的です。特に大人にきびに効果がある化粧水がオススメです。

背中にきびのケア3食事など内側からのケア

大人になってからの背中にきびの原因には、ホルモンバランスが大きく関係しています。

ですので、根気がいりますが、体質改善も大事なのです。

背中にきびの内側からのケア糖分のとりすぎや油っこい食事、刺激物のとりすぎは皮脂の分泌を過剰にします。栄養バランスのとれた食生活を心がけましょう。外食の多い方は上手にサプリメントなども利用するのも一つの方法です。

また、不規則な生活や睡眠不足、乱れた食生活もホルモンバランスを乱す原因となり、背中にきびにはよくありません。

また、背中にきびはストレスとも関係が深いと言われています。
ストレスをためないこと、ストレスを感じたら解消することも大事です。