マラセチア毛包炎

背中にきびだと思ってにきびの治療をしていたのになかなか治らない・・・そんな時はマラセチア毛包炎を疑ってみてください。

皮膚の表面に常在するカビ゙の一種である、マラセチア(malassezia )というカビが多量に存在するときに引き起こされる毛穴の炎症が「マラセチア毛包炎」。

主に背中・胸・首などにできます。

背中にきびとマラセチア毛包炎は見分けが難しく、皮膚科医でも見た目だけではわかりにくいそうですが、顕微鏡で直接検査してマラセチアの有無を確認すると診断できます 。

マラセチア毛包炎の治療方法はにきびの治療方法と違いますので、いち早く皮膚科で検査しましょう。

マラセチア毛包炎の治療方法としては、抗菌力のある抗菌剤を塗る、真菌殺傷効果のある薬を内服するなどがあります。

また、にきびと同じく、清潔や乾燥を保つことも大事です。