気になる背中にきび跡のケア

背中にきびが治っても、背中にきびの跡が消えずに悩んでいる人も多いでしょう。

背中にきび跡のケア写真1重度の背中にきびが出来ると角質層の真皮層やその下の組織まで炎症が及んでしまい、その結果、色素沈着やぼこっとしたクレーター状の背中にきびの痕が出来てしまいます。

自宅で出来るケアとしては、肌の新陳代謝をよくし、

背中にきび跡のケア写真2

背中の皮膚のターンオーバーを正常な状態に保つことが重要です。

背中にきび跡の色素沈着はシミと同じで、皮膚の奥の方にメラニン色素がたまっている状態ですが、

肌のターンオーバーにより、メラニンは他の皮膚細胞と一緒に排出され、黒ずみがなくなります。

背中にきび跡の皮膚科治療また、皮膚科では今出来ている背中にきびだけでなく、背中にきび痕の治療が出来ます。
背中の皮膚のターンオーバーを促すためのケミカルピーリングやレーザー治療の他、トレチノインやハイドロキノン、ビタミンCのイオン導入による美白など、早い結果を望む場合は皮膚科の治療が一番です。