背中にきびの治療

病院での背中にきびの治療について。

背中にきびの治療写真1背中にきびを治療するためにはまず皮膚科に行きます。

美容皮膚科では、飲み薬塗り薬の他にケミカルピーリング等いろいろな方法で背中にきびや背中にきびの跡の治療をしています。

また、背中にきびができやすい体質を改善するため、漢方薬を処方してくれるところもあります。

背中にきびの治療・飲み薬

背中にきびの痕はなかなか治りにくいものですが、ケミカルピーリングやイオン導入などで肌のターンオーバーを促すことで、背中にきびの痕を薄くしていきます。

背中にきび跡の色素沈着は、ハイドロキノンやトレチノインなどの強力な美白剤を使って、背中にきび痕を薄く目立たなくする治療をしている皮膚科もあります。

背中にきびの大きな原因であるホルモンバランスの崩れに対しては、漢方薬の他に、プラセンタ注射や男性ホルモンを抑制する薬を処方するところもあります。